お問い合わせ
良くある質問

Location : HOME >> 学科紹介

学科紹介
履修要項
講座と教員一覧
受験生へ
就職状況
大学院について

学科紹介

CADによるトップダウン設計一般機械・自動車・輸送機械・電気機械・精密機械産業など、あらゆる産業の「ものづくり」の基礎を、ハード面からソフト面まで学ぶ学科です。特定の専門領域だけでなく、広い分野に対応できる技術者・研究者の育成をめざしています。そのために基礎科目を重視するとともに、学生の自主性を尊重したカリキュラム体系となっています。

学科の特徴

充実した設計製図・情報教育

本学科では、独自の「設計製図教育総合支援システム」を擁しています。100台の2次元・3次元CAD端末を活用して、設計・製図、情報教育を行っています。

充実した研究設備と少人数教育

マシンホール、クルップホールには多くの研究装置があります。講座(研究室)は9つあり、各講座では教授・准教授・講師・助教・助手の4人が教育にあたり、少人数教育が実施されています。

世界一流の研究スタッフ

本学科の教員は、日本機械学会のみならず、さまざまな学会で幅広く研究活動を行っています。優れた研究業績をあげ、学会から各賞、省庁・財団から研究助成金を多く受けています。

(以上、上智大学WEBサイトより引用)

少人数教育 〜世界をリードする人材の育成〜

「智」の機械

科学技術、機械工学の発展は、人間、社会、自然環境の調和を配慮した新たな視点の下で展開されるべきであり、我々は、知識の積み上げにとどまらない、叡智の結集によりこれに取り組む努力を続けています。そしてこれを、本校名「上智(Sophia)」の科学的表現として捉え、目指すそのシステムを〜「智」の機械〜と位置付けています。

ジェネラリストの育成

当学科は、単に狭い専門分野の知識を身に付けているだけではなく、関連分野に対する深い造詣があり、変化の激しい最先端技術の研究開発の場においても、より大局的な観点から組織をリードする能力を有する技術者の育成を目指しています。

本学科の特徴は、他大学では複数の学科に分散している学問分野を、トップ・ジェネラリストの育成という観点から有機的に統合し、洗練された学問体系を構築していることにあります。最先端ハードの研究開発からその生産技術、またはシステム全体を高い信頼性のもとに効率的に管理する情報ネットワークの構築技術など幅広い環境が整っています。

世界をリードする人材

世界に並び立つ国際性豊かな上智大学での教育を受けることにより、ますますボーダーレス化する研究・技術開発の最先端分野において、言葉の壁・文化の壁を自然と乗り越え、圧倒的な競争優位に立つことができる人材を多数輩出しています。

少数精鋭主義

教員一人に割り当てられる学生は一学年当たり約6名。他大学に類を見ない、この驚異的少数精鋭主義で学生の潜在的能力を存分に引きだすことに成功しています。

今、社会ではそのような教育を受けた人が熱望されています。日本はもとより、世界を舞台に活躍できるトップ・ジェネラリストへの道。少数精鋭主義ならではの上智で、その一歩を踏み出してみませんか。「きめ細やかな指導」という上智のフィールドを存分に活用してください。




プライバシーポリシー