(8) 警告標識

 クラス3B以上のレーザー製晶が設置された場所、部屋の人口、または保護囲いに、使用者は適切な警告標識を掲示しなけれぱならない。人体に対するレーザー放射の露光の管理値である最大許容量露光量(MPE)を越えるレーザー放射が放出される可能性のある区域はレーザー管理域とし、この区域内での安全予防に関してはレーザー安全管理者が責任を負う。