2. エンジンの理論解析


 
新たなサイクル論

 このようなエンジンの性能特性の検討にはエンジン性能と運転条件などとの関係を把握する必要がありますが、直接的に関係を表せないシミュレーションは適当ではないので、影響の大きい冷却や吸排気過程などを考慮に入れた関数として運転条件のエンジン性能への影響を直接表す新たなサイクル論を構築しております。既に圧縮膨張行程については性能への影響を比較的良く表す関数を得ており、これは物理モデルに基づくエンジン制御などへの応用の可能性もあります。