小さい順に並べ替え: 選択ソート

「ソート」 ─── 数字などのデータを小さい順や大きい順に並べ替えること. 「整列」とも言う.

ソートの例

実際には数千,数万,あるいは数百万個の データの並べ替えをしなければならない ==> コンピュータを使う必要性


自分の手でソートをやってみよう!

以下の8本の水色の棒を左から短い順に並ぶように 並べ替えてください
(マウスで棒をクリックしたまま下の図の所定の場所に動かす)

さて,この並べ替えをみなさんはどういう手順,つまりアルゴリズムで 行なったでしょうか?
あまり意識せずにやったと思いますが,

  1. 上の方のグラフから一番短い棒を探し,それを下のグラフの一番左側に置く.
  2. 上の方のグラフに残っている棒の中から一番短い棒を探し, それを下のグラフの左から2番目に置く.
  3. 上の方のグラフに残っている棒の中から一番短い棒を探し, それを下のグラフの左から3番目に置く.
  4. ... というような手順でやった人がほとんどではないでしょうか.
    つまり,1番小さいもの,2番目に小さいもの, 3番目に小さいもの,...
    の順に探し出していくという手順です.
    これは立派にアルゴリズムと言えるもので,「選択ソート」 という名前がつけられています.

    次のページへ   最初のページに戻る