選択ソートとクイックソート

下のような,32本の棒を短い順に並び替えます.上が選択ソート,下がクイックソート です.並び替えの際に要する時間は,ほとんどデータの大小比較と,データの位置を 入れ替える交換操作に費やされます.そのため,これら,大小比較と交換操作の回数が 少なければ少ないほど高速なアルゴリズムということになります.

実際には,数千個のデータであれば,選択ソートでもクイックソートでも 一瞬で並べ替えができるのですが,ここでは,並べ替えの過程が見えるように ゆっくり行っています.

それでは,「開始」ボタンを押して様子を比較してみてください.

黄色の棒は大小比較を行っているものを表しています.

256個のデータで比較   前のページに戻る  最初のページに戻る