研究業績



論文リスト (直近10年)
  1. 三村宏、萩原行人;残留応力が破壊応力に及ぼす影響の簡易推定法、圧力技術、41-2,2003,pp.48-54.
  2. 古谷仁志、植森龍治、粟飯原周二、冨田幸男、萩原行人;高歪速度下での構造用鋼の延性き裂進展特性およびその機構、鉄と鋼、Vol.86, No.6, 2000, pp.47-54.
  3. 島貫広志、萩原行人、豊田政男;大きな歪勾配を有する部位に存在する亀裂のCTOD推定方法、溶接構造シンポジウム’99講演論文集、 1999.
  4. 島貫広志、古谷仁志、井上健裕、萩原行人、豊田政男;鋼材の延性亀裂発生特性に及ぼす応力三軸度と歪速度の影響、日本造船学会論文集、第 186号、 1999, pp.475-483.
  5. 田川哲哉、宮田隆司、島貫広志、萩原行人;動的破壊靱性解析へのローカルアプローチの適用とその問題点、日本造船学会論文集、第185号、 1999, pp.309-317.
  6. 藤岡政昭、萩原行人、阿部義男;加工シミュレータを用いた1パス大歪加工による結晶粒の微細化の検討、塑性加工連合講演会講演論文集、 Vol. 49, 1998, pp.19-20.
  7. 山本元道、矢尾哲也、矢島 浩、萩原行人、石川 忠、宮本寛志、守田 聡;表層超細粒鋼板の座屈・塑性崩壊強度特性に関する一考察、西部造船 会会報、第 93号、1997, pp.73-80.
  8. 石川 忠、萩原行人、吉川 宏、野見山裕治、間渕秀里;表層超細粒化による高アレスト鋼板の諸特性、溶接学会論文集、第15巻、第1号、 1997, pp.148-154.
  9. 河野 治、脇田淳一、中村隆彰、萩原行人;フェライトを主相とする熱延鋼板の疲労特性に及ぼす各種強化機構の効果、鉄と鋼、Vol. 82, No. 9, 1996, pp.783-788.
  10. 萩原行人、上遠野明夫、鈴木孝彦、深沢 隆、田沼良一;柱材にHT780鋼を用いた柱梁十字骨組の履歴特性に関する研究、日本建築学会構造系 論文集、 No.482, 1996, pp.103-112.
  11. 山本元道、矢尾哲也、矢島 浩、萩原行人、石川 忠、宮本寛志、守田 聡;表層超細粒鋼板の座屈・塑性崩壊強度特性に関する一考察、西部造船 会会報、第 93号、1996, pp.45-49.
  12. 矢島 浩,山本元道,萩原行人,石川 忠,川上善道,宮本哲生,宮本寛志;表層超細粒鋼板の破壊靱性に関する一考察,西部造船学会会報,第 91号、 1996,pp.185-192.
  13. 秋山 宏、桑村 仁、浅川達也、萩原行人;冷間プレス成形角形鋼管溶接接合部の破壊特性、日本建築学会構造系論文集、No.471, 1996, pp.163-171.
  14. 石川 忠,井上健裕,萩原行人,大下 滋,黒岩隆夫,橋本州史,多田益男,矢島浩;表層超細粒鋼の脆性き裂伝播停止特性(その2),−塑性損 傷後の特性お よび衝突後のき裂拡大防止への適用−,日本造船学会論文集,第178号,1996、pp.796-797.
  15. 山場良太、萩原行人、望月晴雄、山下達夫、金谷 研、深沢 隆、田沼良一;建築用厚板HT780鋼板および溶接施工法の開発、日本建築学会構 造系論文集、 No.472, 1995, pp.129-137.
  16. 石川 忠、萩原行人、吉川 宏、野見山裕治、間渕秀里;表層超細粒化による超高アレスト鋼板の諸特性、溶接構造シンポジウム講演論文集、 Vol. 1995, 1995, pp.43-50.
  17. 石川 忠,野見山裕治,萩原行人,粟飯原周二;表層超細粒鋼の脆性き裂伝播停止特性(その1),−シアリップを活用した特性向上−,日本造船 学会論文集, 第177号,1994, pp.25267.


プロシーディング (直近10年)
  1. Y. Hagiwara, S. Tsukamoto, T. Otani, G. Arakane & K. Matsuda; Evaluation of Side Notch Charpy Test on Laser Welded Joint, Proc. of THERMEC2003, Madrid, July 2003.
  2. Y. Hagiwara; Recent Progress in UFG Projects in Japan and its Next Stage at NIMS, Sino-Japan Seminar on Advanced Steels, Beijing., April 2002.
  3. M. Niikura, Y. Hagiwara, K. Nagai, K. Tsuzaki & S. Takaki; Progress in Metallurgy for Ultra Refined Steel in Japan, Proc. Int. Symp. on Ultrafine Grained Steels, ISUGS2001, Fukuoka, Sept., 2001.
  4. M. Niikura, M. Fujioka, Y. Adachi, A. Matsuoka, T. Yokota, Y. Shirota & Y. Hagiwara; New Concepts for Ultra Refinement of Grain Size in Super Metal Project, Proc. of THERMEC2000, Las Vegas, December, 2000.
  5. T. Yao, H. Yajima, M. Yamamoto, M. Fujikubo, Y. Hagiwara,& T. Ishikawa; Buckling/Plastic Collapse Behaviour of Structures Composed of Steel Plates Having Surface Layer with Ultra Fine Grain Microstructure, First Int. Conf. on Composite Science and Technology, Durban, June, 1996.
  6. T. Ishikawa, Y. Hagiwara, S. Oshita, T. Inoue, K. Hashimoto, T. Kuroiwa, M. Tada & H. Yajima; Crack Arrestability of Ship Steel Plate in Accidental Conditions (Application of high arrestability endowed ultra fine-grain surface layer steel), Proc. of the Fifteenth International Con. on Offshore Mechanics and Arctic Engineering, Vol. 3, 1996, pp.183-192.
  7. T. Ishikawa, Y. Nomiyama, Y. Hagiwara, H. Yoshikawa, S. Oshita & H. Mabuchi; New-Type Steel with Ultra High Crack Arrestability, Proceedings of The Fourteenth International Con. on Offshore Mechanics and Arctic Engineering, Vol. 3,  1995, pp.357-363.
  8. M. Toyoda, Y. Hagiwara, Y. Nakano & H. Kagawa; Deformation of Cold Formed Heavy Gauge Rectangular Hollow Columns: Deformation and Fracture of Columns under Monotonic and Cyclic Bending Load, Second Workshop on Constraint Effects on Structural Performance of Welded Joints, Osaka, September, 1994.


解説
  1. 萩原行人;超鉄鋼の狙いと達成状況、金属(アグネ社)、73-1, 2003, pp.15-18.
  2. 萩原行人;超鉄鋼を都市再生に活かす、Science & Technology Journal, 6, 2002, pp.20-21.
  3. 萩原行人、高橋稔彦;超鉄鋼プロジェクトの目指すもの、「鉄鋼応用技術の革新化」ワークショップ、大阪大学、2003 3月.
  4. 萩原行人,新倉正和,下斗米道夫,阿部義男,城田良康;鉄系スーパーメタルの創製技術,塑性と加工,42-484,2001,p402- 407.
  5. 萩原行人、藤岡政昭;大歪加工による超微細粒鋼とその特性,金属,5, 2000, p409-420.
  6. 萩原行人;鉄系メゾスコピック組織制御材料創製技術の現状と課題,第3回スーパーメタルシンポジウム,東京,2001.
  7. 萩原行人;鉄系スーパーメタルの開発の現状と課題、素形材、2000.5、 pp.10-16.
  8. 萩原行人;鉄系メゾスコピック組織制御材料創製技術の現状と課題,第2回スーパーメタルシンポジウム,東京,1999.
  9. 萩原行人;材料分野における材料力学の役割,日本機会学会,M&M'99ワークショップ「21世紀の材料力学 新たなる産学協力関係 を目指し て」,京都,199.
  10. 萩原行人;鉄系スーパーメタルの創製,日本塑性加工学会,フォーラム東京'99:塑性加工+“α”の妙味,東京,1999.
  11. 萩原行人;溶接技術をめぐる今日的課題と展望、溶接技術、Vol. 56, No. 1, 1998, p96-101.
  12. 萩原行人;結晶粒微細粒鋼(鉄系スーパーメタル)の創製,第1回スーパーメタルシンポジウム,東京,1998.
  13. 萩原行人;地震被害を受けた鉄骨構造物の調査結果と破壊特性,日本金属学会・日本鉄鋼協会九州支部 第91回講演討論会「構造体・構造材の破 壊」,大分, 1996.
  14. 萩原行人;入門教室 溶接技術者のための破壊力学(1),溶接技術,第34巻,第10号,1986,p65-69..
  15. 萩原行人;入門教室 溶接技術者のための破壊力学(2),溶接技術,第34巻,第11号,1986, p74-84.
  16. 萩原行人;入門教室 溶接技術者のための破壊力学(3),溶接技術,第34巻,第12号,1986,p80-86.