フラクチャー・メカニックス (Fracture Mechanics)

1. 講義の概要
フラクチャー・メカニックスは破壊を力学的に扱う学問(破壊力学)で、破壊の駆動力と抵抗力の関係で決まる。その抵抗値は材料に強く依存する。構造物の破 壊事故は、社会的に大きな問題となる。破壊にはどんな種類があり、どのような条件で起こり、それを防ぐにはどうすればいいかを力学的及び材料学 的な観点から実例を交えながら講義する。破壊力学の基礎知識、その抵抗値、また、延 性破壊、脆性破壊、疲労破壊とその防止設計の考え方を理解する。

評価方法: 期末試験、演習、出席状況をもとに評価する。


2. 参考書
 小林英男 「破壊力学」 共立出版
 星出敏彦 「基礎強度学」 内田老鶴圃


3. 講義資料
 0 はじめに
 1 応力とひずみ
 2 強度と靱性
 3 破壊の概論
 4 破壊力学
 5 延性破壊
 6 脆性破壊
 7 疲労破壊












4. 講義内容
 0 はじめに
 1 応力とひずみ
 2 強度と靱性(引張試験、シャルピー試験)
 3 破壊の概論(延性、脆性、疲労破壊、理想強度と実際の強度)
 4 破壊力学
    グリフィスからアーウィンの破壊力学
    き裂先端応力場とK
    エネルギー解放率とK
 5 延性破壊(丸棒引張試験、延性破壊強度)
 6 脆性破壊(特徴、破壊靱性値、脆性破壊強度)
 7 疲労破壊(特徴、S-N曲線、疲労き裂進展)
 8 耐破壊安全性評価

5. 期末試験
自筆のノート、電卓の持ち込みは可。