機械・構造材料学 (Structural Materials)

1. 講義の概要

 機械・構造用材料は、構造物の製造からの要求と、構造物としての機能を満たすための種々の特性を兼ね備えなければならない。強度、破壊に対する抵抗、加 工のしやすさなどの諸特性が状態図や相変態などの組織制御とどうかかわっているかを理解し、さらに実際の組織設計がどのように行われているかを機械・構造 用の材料として広く用いられている鉄鋼材料を主体に、実例を交えながら講義する。
 期末試験、演習、出席状況をもとに評価する。

2. 参考書

 谷野充、鈴木茂 「鉄鋼材料の科学」 内田老鶴圃

3. 講義資料







4. 講義内容
  1. はじめに(講義の狙いと構成)
  2. 鉄鋼材料(鉄鋼、製造法、種類と特徴)
  3. 結晶構造と相変態
  4. 平衡状態図
  5. 組織制御-徐冷組織
  6. 組織制御-恒温変態組織
  7. 組織制御-連続冷却組織
  8. 強度と強化法
  9. 靱性と高靱化法
5. 期末試験

 電卓の持ち込みは可。