情報フルエンシー(VBAによるExcel処理)

Excelは,非常に便利なソフトで,これを利用すると多くの処理を簡便に進めることができる。
さらに,VBAを用いると,処理を一般的なプログラムとして行うことができるので,非常に
便利で有効である。本授業では,まずVBAを用いたExcel処理の基礎について学修する。
次に,一般的処理の代表として,名簿処理ソフトの作成を行うことにより,これらの知識の
定着とソフト作成の基礎能力を養う。さらに,カレンダー作成ソフトの作成を行うことにより,
VBAによるプログラミングの応用力を身に付ける。後半のカレンダーソフトの作成では,若干の
数式を用いるが,それについては授業中にわかりやすく説明する。

内容は,下記の通りである。

1.オリエンテーション:本講義の概要およびねらい
2.Excel VBAの基礎(1)/ExcelVBA入門
3.Excel VBAの基礎(2)/コントロールの利用
4.Excel VBAの基礎(3a)/ユーザーフォームの利用(1)/基礎
5.Excel VBAの基礎(3a+)/ユーザーフォームの利用(2)/プログラミング
6.Excel VBAの基礎(3b)/ユーザーフォームの利用(3)/データの抽出・印刷
7.名簿ソフトの作成(1)/全体の設計&プログラミング
8.名簿ソフトの作成(2)/プログラミング
9.名簿ソフトの作成(3)/ソフトの最終調整
10.Excel VBAの基礎(4a)/カレンダーの機能の説明
11.Excel VBAの基礎(4b)/カレンダーの機能のプログラミング
12.カレンダー作成ソフトの作成(1)/全体の設計,プログラミング
13.カレンダー作成ソフトの作成(2)/プログラミング
14.カレンダー作成ソフトの作成(3)/ソフトの最終調整


本授業の評価は,出席および毎回の演習成果や課題に対する成果で総合的に評価する。


本授業では,資料の配付やReportの提出等は大学のMoodleを用いて行います。

本授業の受講者は,下記URLより大学のMoodleにloginし,
機能創造理工学科の曽我部の「情報フルエンシー(VBAによるExcel処理)」に登録をして下さい。
[大学のMoodleのlogin画面]