振動工学

機械を対象とした振動工学の基礎および応用について修得する。
主な内容は次の通りである。

・1自由度系の自由振動(1)−減衰のない自由振動=固有振動
・1自由度系の自由振動(2)−粘性減衰を有する自由振動
・1自由度系の強制振動(1)−調和入力に対する定常応答
・1自由度系の強制振動(2)−振動絶縁,振動測定の原理
・1自由度系の過渡振動−任意入力に対する応答
・2自由度系の振動
・振動の絶縁と制振
・連続体の振動(1)−弦の振動,棒の縦振動・ねじり振動,気柱の振動
・連続体の振動(2)−棒の曲げ振動
・自励振動
・非線形振動

本授業の評価は,毎回のリアクションペーパ(約20点),
中間テスト(40点),期末テスト(40点)を総合して行う。


本授業では,資料の配付やReportの提出等は大学のMoodleを用いて行います。

本授業の受講者は,下記URLより大学のMoodleにloginし,
機能創造理工学科の曽我部の「振動工学」に登録をして下さい。
[大学のMoodleのlogin画面]


[アニメーション,画像等]

[プログラム]

[地震波] El Centro 波(NS方向)

[発展情報へのリンク]

/comment>