数値計算法

最近では数値計算のソフトがたくさん開発されていて、たいていの基本的なことは
入力をするだけで結果を得られるようになっている。しかしながら、それらのソフ
トがどのような理論的な根拠に基づいて構成されているのかを理解することは研究
開発の観点から重要なことである。この講義では数値計算の基本的な事項として、

・数値計算と誤差
・代数方程式の解法
・連立方程式の解法
・固有値問題の解法
・補間法と関数の近似法
・数値積分法
・常微分方程式の解法

等について学ぶ。

本授業の評価は,毎回のリアクションペーパ(約20点),
中間テスト(40点),期末テスト(40点)を総合して行う。


本授業では,資料の配付やReportの提出等は大学のMoodleを用いて行います。

本授業の受講者は,下記URLより大学のMoodleにloginし,
機能創造理工学科の曽我部の「数値計算法」に登録をして下さい。
[大学のMoodleのlogin画面]

[授業予定]

[最新の演習問題の解]

[レポート課題と提出方法(7月22日(木)17:00〆切)]

[地震波形(ElCentro-Ns)]